2019年4月24日水曜日

GWは楽しいことがいっぱい!!

いよいよGWとなりますね!
10連休のご宿泊の空きは残りわずかとなりました。
お問い合わせください。
ご希望日が満室の場合、キャンセル待ちで対応させて頂きます。
サーフレッスン、SUPクルージングはまだ空きがございます。

GW期間限定で、野呂レイカプロのレッスンをお受けいただけます。
期間中は店頭でレイカプロに会えるチャンスがいっぱい!!
彼女のプロデュースしたLueur.swimを展示販売しております。
サーフィンしてもズレが気にならない一点、一点しっかり作られたもので、なんとお直しも可能な商品です関西初上陸ですのでぜひ見にいらしてください!!

5月1日水曜日には楽しいイベントも計画中!!
詳細は店頭にてお問い合わせください!!

PAVILIONSURF&LODGE
0884-76-3277

2019年2月21日木曜日

2019年シーズンインします


春らしい気候になってきて少しづつ波も出始めました!
2019年GWのご宿泊ご予約受付が始まっております。
3月1日より毎日サーフィンレッスン開催。
4月よりSUPサーフィン、SUPクルーズ開催。
すべてのアクテビティはご予約が必要です。
今年もご連絡お待ちしております☆

PVILIONSURF&LODGE
ご予約・お問い合わせはHPのフォームから
0884-76-3277

2018年10月16日火曜日

連泊がオススメ!「13府県ふっこう周遊割」「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」を利用してお得にスティ♪



連泊がオススメ!!
「13府県ふっこう周遊割」
「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」を利用してお得にスティ♪

「13府県ふっこう周遊割」、「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」、
なんだか聞いたことないような、どこかで見たような。。。

今年は今までにないほどの自然災害に見舞われ、
特に西日本では災害が毎月のように発生いたしました。
今回”観光で西日本を元気にしよう!!”ということで、
観光に特化した上記の企画がスタートしていますのでご紹介します!


10月1日よりスタートした、
「13府県ふっこう周遊割」、「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」。
下記のホームページをご覧いただければ詳細ご確認いただけますが、
簡単にわかりやすく説明いたしますと、
対象都道府県で連泊すると1人1泊あたり4,000円を上限(場所によっては6,000円)に補助が受けられますよ、ということです。

ということで、
例えば徳島県で考えますと、
市内に1泊、パビリオンサーフに1泊、
またはパビリオンサーフに2泊でも良いです。
1泊目はエコノミーにパビリオンサーフ(補助金でフルカバー)、
2泊目はリッチにペンション宍喰さん、というコースも良いですね。
またはパビリオンサーフに1泊、生見エリア(高知県)で1泊、
宿泊パターンは無数にありますが、
とにかく2泊以上!連泊で滞在すると補助金対象となりますので、
こんなお得な企画を利用しないわけはない!と思います。

周遊割となっていますが、徳島県は同施設連泊でも対象となるようです。
大人も子供も、とにかく一人4,000円を上限に補助が受けらるので、
11月30日までの期間にぜひぜひ連泊で遊びに来てくださいね。
*予算の限りがあるため、なくなり次第終了となりますのでご注意ください。
*消費税は補助対象外となります。
*ご宿泊代は現地精算後に後日お客様から申請が必要となります。


国が交付する「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」の対象となる地域「岐阜県、京都府(京都市を除く)、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県」への旅行やボランティアの方の宿泊がお得になる観光支援事業です。

この「13府県ふっこう周遊割」は、旅行者が対象となる2府県以上をまたぐ、もしくは同一府県における合計2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものと、ボランティア活動に参加する方が対象府県において行った2泊以上の連続した宿泊に対して支援金を交付されるものです。

○「13府県ふっこう周遊割」
https://fukkou-shuyu.jp/

○「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000166.html



まだまだ海水温も高く、人も少なくなってきたこの時期は
サーフィン、SUPクルージングなどもバッチリ楽しめます♪
この秋はお得な企画で四国の右下を満喫しましょう!!

さらに詳しい情報が知りたい方は上記ページ内のお問い合わせ先に確認するか、
直接お店にご連絡ください。


【お問い合わせ】
PAVILION SURF&LODGE
0884-76-3277

2018年6月25日月曜日

DHDサーフボード_人気のMINITWIN,POCKET KNIFE店頭ストックボードご紹介




パビリオンサーフに在庫中のストックボードご紹介。 現在店頭にはDHDサーフボードの
人気モデル、『MINI TWIN』、『POCKET KNIFE』各サイズを取り揃えていますので、 ぜひチェックしてみてくださいね。

  【MINI TWIN】
販売価格:100,000円(税別)*フィン別売り/同時購入 の場合20%オフにてお買い求めいただけます。5'5" x 20" x 2-1/4" 28L
5'5" x 20" x 2-1/4" 28L




5'7" x 20-1/4" x 2-5/16" 30L



5'7" x 20-1/4" x 2-5/16" 30L


5'9" x 20-1/2" x 2-3/8" 32L

*オススメフィン*

FUTURE RASTA KEEL
ミニツインとの相性もバツグン、デザインもお洒落でオススメです。
定価:15,800円(税別)
同時購入割引:12,640円(税別)

現在5'5"〜5'9"までのストックボードを取り揃えていますので、
気になる方は直接ご来店いただくか、お電話でお問い合わせください。



【POCKET KNIFE】
販売価格:100,000円(税別)
*フィン別売り/同時購入 の場合20%オフにてお買い求めいただけます。

6'0" x 20-5/8" x 2-5/8" 37L



6'0" x 20-5/8" x 2-5/8" 37L


6'2" x 20-3/4" x 2-5/8" 38.4L

小波向けのゆったりモデル、ポケットナイフ日本限定バージョン。
シングルフィンBOX + 4FINセッティングとなっていますので、
シングルフィン+サイドスタビ、
シングルフィンのみ、
クワッド、トライフィンなど、
コンディション、気分に合わせていろいろな組み合わせで楽しめます。

全て即納品可能なボードとなっております。

お電話、メール、発送でのご注文も承っておりますので、
ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいね。

【お問い合わせ】
PAVILION SURF&LODGE
0884-76-3277

2018年6月22日金曜日

韓国釜山2018サーフトリップレポート



アニュハセヨ〜 from シシクイ
今日は先週末に訪問していた韓国、釜山の情報をお届けします。
まだ日本のサーファーにはあまり馴染みのないエリアですが、
サーフィン、食べ物、ショッピングなど、
週末サーフトリップにとってもオススメのディスティネーションとなっていますので、
この機会にご紹介いたします!


今回の釜山行きに選んだエアラインは”AIR BUSAN(エアープサン)”。
出発2日前に予約しましたが、航空券代金はなんと!往復で15,500円!!
しかも往路午前、復路もお昼前後のフライトなのにこの値段は驚きです。
私は今回4泊5日の旅程だったので、
最後は早く帰りたくなることを見込んで復路も早めのフライトにしましたが、
復路を午後便にしても値段変わらずなので、たっぷり遊べちゃいます。

エアープサンの他にも、
ピーチエアライン、
チェジュ航空、
T'way などなど沢山のLCCが就航しています。


関空からのフライトはわずか1時間30分程度。
私が住んでいる徳島県宍喰から関西国際空港までは約4時間半。。。
せっかくチケット代払うならもう少し空の上を飛んでいたいものですが、
まぁ早いことに越したことはありませんね。


ウトウトしているうちに着陸態勢にはいってきまして、
眼下には吉野川級の大きな河口が見えてきます。
ここの河口でもゆったりとロングライドできる波がブレイクするようです。


あっという間に入国審査を通過し、アレヨアレヨと空港の外へ。
今回で4回目の釜山トリップになりますが、
これもまたアレヨアレヨと目的地行きのバス停に辿り着き、
なんとなくの勘で2番のバス停へ。


プサンのメイン観光エリアは何と言っても海雲台(ヘウンデ)。
この乗り場から向かうことができます。
今回は釜山のお台場的、老若男女が集うホットな Gwangalli Beachエリア。
空港からバスで30〜45分、バス停はGwangan subway stationで降ります。

空港から一歩外に出ると一面のハングル文字。
いくら見たところで解読不可能なので、ここは無理して探そうとせず、
流れと雰囲気に任せて狙いを定め乗車。

バスは7000W/ウォン、電圧ではありません。
700円程度でラグジュアリー仕様になっているので、
なんだか気分も良く、快適なバスの旅を味わえます。

日本の高度経済成長期、多摩ニュータウンを彷彿とさせるマンション群。
今ではあまり見ることがなくなった「団地」的な群がいたるところにあります。

午後のトラフィックにハマり、予定より少し時間がかかりましたが、
目指すバス停まで約45分。
そこから歩いて10〜15分前後で潮の香りがしてきます。
ちなみに空港からタクシーを使えばダイレクトにホテルまで、値段も20,000W(約2,000円)で行くことができますので、ハラハラドキドキを求めない方は無理してバスを使わなくてもいいですね。


今回の滞在先はビーチフロントにそびえ立つ”KENT HOTEL”。
Gwangalli Beachの中央エリアにあるので何かと便利です。


部屋からの眺めもバツグンですが、値段は一部屋一泊10,000円前後。
今回は釜山市長のスポンサードがあったので、勝手にこちらを予約してもらいましたが、
選べば他にもビーチフロントで安く快適なホテルもあります。


そして、今回のメインイベントはこちら!
「KOREA OCEAN LEISURE SHOW」という名の展示会&トレードショー。
日本で言うところのインタースタイル的なイベントに参加するという名目のもと、
お気に入りの釜山へ足を運んだのです。

市が主催するビッグイベントとなっているので、期間中はサーフィン体験やSUP体験など
昼夜ともにプログラムもみっちり組まれていました。


Gwangalli BeachなのかGwangan Beachなのかよくわかりませんが、
街中でサーフィンができる不思議なエリア。
波は特別良いことはありませんが、軽い気持ちでオーシャンスポーツが楽しめる素敵なビーチです。

海から後ろを向くとアジアの喧騒とまでは言わないものの、
少しのスペースをせめぎ合う、ドキドキのドライビングシーンを見ることができます。



到着日はイベント会場の設営が行われ、
我がパビリオンサーフ&ロッジのブースも程なく完成。


こちらは韓国サーフシーンのレジェンド、
日焼け止め”ココサンシャイン”の輸入代理店をしているビョンソンさん。


メルセさんもガッツリとメインピークを抑えていました。
このソフトボードが欲しくて3回交渉しましたが、不成立に終わりました。。笑


イベント初日は朝からKBS社(韓国放送公社)の撮影依頼を受けて、
釜山サーフシーンのドキュメンタリームービーの撮影。
名も知れぬ日本人サーファーがこんな企画に出演していいものかと思いましたが、
腹を据えて快く快諾。



イベントの催しで行われていたサーフィン体験コーナー。
毎回10人以上、1日5ラウンド、まさに韓国のサーフィンブームを物語っていました。


コンディションは日本基準では「スネ〜ヒザ、20点▽」。
それでも参加者はみんな楽しんでいました。


↑日本でもお馴染みの”オロナミンC”ブース。
気前よく配りまくっていました。


こちらはサーフィン同様に人気高騰中のSUP。
ビーチにはおびただしい程のボードが並べられ、


もちろん海にもありえない数のボードが繰り出して行きました。


週末午後には沢山の一般客が訪れてくれて、
韓国でのパビリオンサーフの宣伝もしっかりとできました。



そして気になるサーフィン情報。
イベントが始まる前の早朝から隣町のSong Jung Beachへ行ってきました。
ここはGwanganよりもコンスタントにサーフでき、サーフタウンとして発展しています。

まさに湘南。
道を挟んでおびただしい数のサーフショップ、カフェ、レストラン、ゲストハウスが所狭しと並んでいます。



晴れていたら海上がりにサーフィン見つつ、カフェで休憩。
想像を裏切るほどお洒落です。


老舗サーフショップの『SONG JUNG SURFING CLUB』。
品揃えも豊富で、道具が新しく、手ぶらで行っても楽しめます。


すごい数のレンタルボード。
波質的にもミッドレングス〜ロングボード向きなので、
レンタルでサクッと1ラウンド楽しむのがオススメ。

ソウルから週末サーフできていたコリアンサーファー。
「シシクイニモ ゼッタイ イクカラ〜」と言っていたかどうかはわかりませんが、
ヤル気はたっぷり。
ちなみに水温は冷たいので、シーガル〜3mmフルがオススメです。


それにしても凄い数のサーフボードを取り揃えていますね。

下の写真は以前に釜山にきた時の波乗り写真。
GwanganとSongJungの間に位置する海雲台ビーチ。
Gwanganからは車で10分くらいの距離。





うねり次第では腰〜腹前後のコンディションで楽しめます。


街が近いこともありナイトライフは十分過ぎるほど充実しています。
韓国では夜のお付き合いがハードなので、ローカルと仲良くなったら気合を入れて頑張りましょう。


プレゼント用のフラワー自販機。
需要があるから存在する。
勉強になります。


韓国のおふくろの味?!
饅頭ならぬマンドゥ〜
日本の餃子煮込みみたいな感じで、とてもマシソヨ(美味しい)です。



ということで、ザザッと釜山トリップのご紹介でしたが、
とにかく近い、安い、美味い、面白いということで、
週末絡みの2泊3日、それも難しいけどどこか行きたい人は1泊2日でも十分楽しめます。
どこか海外トリップ行きたいけど休みが取れないな〜という方は、
ぜひ一度釜山トリップ計画してみてください!

さらに詳しい情報が知りたい方は直接聞いてくださいね。


【お問い合わせ】
PAVILION SURF&LODGE
0884-76-3277